メンヘラねおん街

食えば食うだけ太るに決まってる。

過去の摂食障害のお話(また長文です)

笑われるの承知で話します。

全然プギャーしてくれていいです。

 


…158cm/70kg目前のクソデブですが、
こんな私にもごく軽度の拒食症の時期がありました。


さすがに、
「そこまでヤバイような女相撲取りが

30kg台だったなんて信じられない」と絶対みんな思ってるとわかってる。


でも事実だし、思い出すことでやる気が出ると思うから書きます。

 


ダイエット始める前の当時の体重は、55kg。
私の身長なら、ちょうど標準だと思います。
当時は脚はちょっと太いと思っていて
「マジ豚足~w」って自虐もしてました。

 

何がきっかけかって、14歳(中3)の時、
適応障害」(仮)で精神科の開放病棟
1ヶ月という期間を設け、入院しました。

 

入院した病院はものすごい田舎で、
車で1時間くらいかかるようなところ。
だけどそのおかげで緑が多くて
空気もとてもおいしい敷地内にあります。

 


私が入った病室は、9人部屋という大部屋。
知らない人には本人の目の前ではマジギレしたり
怒鳴り散らしたりしたことなどない私が
看護師が仲裁に入るほどのヒートアップ具合で
同室のあるババアと喧嘩の耐えない日々で、
ちょうど閉鎖から移ってきた若い女の子(23歳)、
その子は見た目はすごく可愛いけど性格が好きじゃなくて
同じ時期に同じ閉鎖病棟から移ってきたBBA患者と、
開放病棟の患者(私のことをかわいがってくれたおばさん)を
いじめてたし、別室の病室の、乳はでかいがその分デブな上
汚肌&不細工&BBAなくせに、病院のグラウンドを乳の目立つ服装で走ってるところを
自慢げに見せつけていたため、男性患者からも嫌われてたデブス女も、とにかく見ていてウザくて、
もちろん私や他の女性患者もそのデブスなホルスタインをハブってました。

 

当時私がやってたことは閉鎖から移ってきた、23歳の子と一緒だったと思います。
結構な歳なくせにセクシーアピール()、

さらには純日本人でありながら日本語も非常に不自由なくせに

ひと目につきやすいところで英字新聞読んだり、
一番ムカついたのはとにかくデブなくせに乳を自慢したいのか
下着を目立つところに干すとか、男の前で少しはだけたりさせたり、
とにかく性的な自己主張の激しい女で、
しかもデブスだからマジでイライラして殺意沸いた。
多分35は軽く超えてんじゃねって感じで、まあそのくらいの年齢でも
スタイルがボン・キュッ・ボン(死語)なら全然許せるんだが、
ボン・ボン・ボン、だから「お前いい加減にしろよ」とか、

マジで女子開放病棟のほぼ全員の女でその女にキレたことあったんだわ。

一日の報告会(反省会)みたいな時に言い争いになったりね。

 

…これはただの言い訳にしかならんが、当時は一切薬の処方がなく、
夜も眠剤は処方されず、眠れず、眠れてもすぐ目は覚めるし悪夢にうなされたり…

とにかく常にイライラしていて、もうとてもじゃないけど
「こんなんで一ヶ月やってけんのか…」って不安の気晴らしに
開放病棟のため、ノートに名前と出た時刻と戻る予定時刻を書いて
バッジをつけることで病院の外に出ることができるので、
許された範囲内だけを散歩する生活。

 

完全なシャバではないけどシャバの空気うめえな、みたいな。
うぜぇ同室の老害BBAも、樽女(今となっては完全にブーメラン)もいないし。

まあ樽女はグラウンドにはいたけどとにかく「Anotherなら死んでた」みたいな。

 


別に食事制限とかは入院中一切していません。
お菓子も売店でいっぱい買って制限もかかるレベルです。
それくらい食べていました。

 

 

だけど人間関係に疲れ、雨さえ降ってなきゃ時間の許す限りずっと散歩していて、
レク棟やら食事棟までへの移動は雨でも風の日でも強制だったので
それはちょっとメンタル的にきつく、結果的に消費カロリーは意外とあったんだと思います。

 


そして、色々ありましたが、6月の下旬に1ヶ月入院の刑期期間を終え、
家族と対面。「なんかお前痩せたな」。

 

 

…?いやいやんなこたあない。体重測定では3kgしか減ってないし…
と思いつつ出所祝い退院祝いに両親と私の3人でショッピングへ。

 

横切ったゲーム屋の窓に映る自分を見てなんだか、ん?ちょっと痩せた?!
なんか、脚も腹も前より遥かに薄くなってて。

 

 

今まで狂ったように頑張ってたピアノさえ、
ちゃんと褒めてくれなかった家族だけど
スタイルは褒めてくれた。

 


退院後の体重はそれでも52kgです。
数値だけ見たら、まだまだ痩せには遠い。

 

 

学校の話になるけど、私は成績は非常に悪く、
国語と音楽以外は通知表オール1。1年から3年までずっとです。

当時は虐待により家庭内が荒れに荒れまくっていて、
私はというと成績だけでなく素行も非常に悪く、
授業抜け出してウォークマン(時代ですね)で音楽聴いて
授業中なので当然誰もいない廊下で隠し持ってたカミソリでリスカしたり*1
学校で煙草ふかしたり(ただのDQN)していたけど、
神経傷つけたり縫ったり…みたいな自傷行為を心配してか、先生も強くは注意できない。
多分なんらかの人格障害だったんだろうな。(当時の主治医的には「ボーダー(境界性人格障害)傾向だけど、10代の女の子ってほとんどがみんな人格障害みたいなものだと私は思うから、貴方は適応障害ってことで入院ね」(女医)、とのこと)

 

当時の担任教師は自分にも子供がいるからか、
「自分を傷つける行為」が許せなかったんかねえ、
「お前が自傷する刃物を全部もってこい、俺に預けろ、30歳になってもやるようなら、返してやる。」(てめーは私の恋人じゃねえだろ、マジうぜえ氏ねや!🔪みたいな気分でした)と言ったのでカミソリを「これで全部です」と偽り、在庫の3分の2だけ預けました。もちろん隠し持っていたことは見抜かれてましたがw


それから毎日個室に呼ばれては
担任から垂れ流される説教にウンザリして
学校に行くのも、中2の後半から、中3にはほとんどやめてました。

 

学生時代に私が唯一褒めてもらえたことは、
学校内の掃除をとても真面目にやったことです。

「公共の場所を綺麗にしたら、みんなが快適に過ごせる。自分もすっきりする。」

ただそんな適当な理由です。

なんでそんなに掃除"だけ"を頑張るのか、とか教師が聞いてくるくらいです。
親も、それ"だけ"褒めてくれました。
ただ、自室の掃除は絶対に自らはしなかったことについてはほとほと呆れ果ててましたが。(髪の毛とかお菓子の袋とか鼻かんだティッシュとかゴミ箱に入れない、掃除機も年末の大掃除にしかかけないレベル。)

 


私が認められるためにできることってなんだろう。
勉強は絶対に無理。市内で一番テストの難易度高い学校だから成績面ではぜっっっっったいに一番は目指せない。

じゃあ、掃除?いや、自分の部屋は掃除できてないし。じゃあこれもダメ。

 

入院して痩せた時のことを思い出す。
家族の「痩せたな」って言葉も。

 

私は痩せたら可愛くなるよな?小学生の時かわいいって理由で付き合ってくれた男子いたけど、リスカ気持ち悪いってフラれても、結局腕の傷さえ知られなきゃ可愛いってことじゃん!

 

 

…ってさぁ…自画自賛なブスほど悲惨なものはないね。
今もだけど完璧に頭おかしいな。

でもデブスよりはただのブスのがマシじゃん。

 


そして私は中2の秋くらいから食べることを拒むようになりました。
だって、一人で食べてもおいしくないし…みたいなね。
虐待がエスカレートしていくし、そんな祖母となんて、
空気悪すぎて一緒に食べるなんて無理でしょ。

 

なんかね、詳しいことはその辺歳のせいか17歳の時に診断下りて今もそれらしい、「解離性障害」(超大雑把に言うと記憶障害、語弊あったら申し訳ないから調べてね)のせいか知らんけどわからん。

 

運動とかどんなのしてたかもよく思い出せない。
とにかく毎日が最悪だったって印象しかない。

 

毎日毎日私はご自宅で~♪
死ねと言われて嫌んなっちゃうよ~♪的なアレ。
「泳げ!たい焼き君」じゃなくて
自傷!腕のイカ焼きマン」だよね。


んでもって、中3の春には46kgになってました。
担任(中2の時と一緒)も「お前それ以上痩せるな」と
かなり強めに警告してきて
両親とも「お前ヤバイよその痩せ方」とか
でも当時はバカだから言われてることがよくわからなくて。
お、おで、、、ばばばばばばバカだからああああエヘヘwww


はい、

 

だってさ、
クラスメイトの女子は「どうやってそんなに痩せたの?」とか
「可愛くなったね~!」とか「スタイルよくて羨ましい」とか、
こいつらが私のこと成績面やメンヘラってことを
すげー見下してたことなんて、風のうわさで知ってたから
はじめてこいつらに勝った気分になったんだよね。

 

見下されてたギャップとその褒めちぎる言葉が、
高校受験時には39kgまで落とす。

 

最高だった。

 

乳だけ残り、当時のスタイルは
二次元キャラで言うならいちご100%北大路さつきちゃんだった。
(ちなみに私は今北大路スタイル目指してる!)
全然どうでもいいけどいちご100%
東西南北だったらどう考えても北が好みです。

 

高校の入学式では、とある抗精神病薬の副作用による発作を起こして
(この発作はその薬を止めても後に心因性発作として
日常生活が困難になるほど8年ほど苦しめられる)
保健室で気休めの薬を親に飲まされ寝かされ、
保健室の先生からは「精神的なケアが必要ね」と、入院を勧められ…。
その病院はテレビに出るくらいの有名な精神科で、医大付属の精神科です。
保健室の先生の先生もちょっとメンヘラでそこに入院してたみたいです。


この入院がリバウンドする引き金とも知らずにね。

需要あれば書くけど、
「拒食になっても美しさ維持したきゃ
自由に売店に行ける病院には絶対に入院しねえ!」って思ったね。


とにかく、今は入院前の頃までは目指さないけど、
46kgのあの頃の体重に戻れたらと思います。


中学の唯一私をバカにしない同級生のうちの一人と、話す度に不思議な感情を抱いてた(当時はそれが「恋心」ってわからんかった)女の子には好きな男子がいるって知って、なんかガッカリしちゃったのもあって、16歳になるまでは4年間独り身でした😇

 

 

甘ったれた思考なのは重々承知だが、
39kgに戻れたら文句ないのに~~
…みたいな緩い頭しかしてないです。

私の緩んだ頭のネジをしめてくれるような甘い存在がいたらいいんだけどな~💕()

つーか、まず弛んだ体を引き締めような。

 

 

 

というわけで、冒頭に戻るけどそんな甘ったれた思考のため
最悪ではMAX85kgまでなりました。


去年はとある病気を発症し、食べても吐きたくないのに

体が受け付けず何を食べても吐いてしまい、

今より10kgほど軽く、60kgジャストでした。
まあ、BMIの基準で見れば"ギリギリ"標準に入るけど、普通にデブだったね。
服はMサイズがなんとか着られる感じ。

 

ちなみに一昨日買ったトレーニングウェアはLL入りました。

ヒェ~~~ヤバイ、私の夢はMサイズを無理なく着ることなんだよォ~~~

 

 

とりあえず、ほんと長ったらしくて申し訳ない。
んで、メンヘラじゃないダイエッターの方は読んでて
苦痛だったかもしれないです。
わからない用語とかあったらごめんなさい。


ここまで読んでくれた人ありがとうございますん!!!!
ジャンピング土下座により余震発生(そして不謹慎厨が発生)

 

 

*1:こいつはキチガイ!!!!汗汗汗